ワンちゃんの安全のことを考えるなら『モグワンドッグフード』を! 市販のドラッグフードとどう違う?

[ワンちゃんのダイエット] ワンちゃんを痩せさせる4つの方法

ワンちゃんの健康寿命を延ばすためにはダイエットが重要!

肥満の害は、なにも人間だけの話ではありません。
人間以上にデリケートなワンちゃんは、食事が原因でさまざまな生活習慣病を引き起こしてしまう可能性があります。

○注意したい犬の生活習慣病


  • 肥満
  • 心臓病
  • 糖尿病
  • 循環器疾患
  • 呼吸器疾患 など

アニコムが行った「家庭どうぶつ白書2015」では、循環器疾患、肝・胆道疾患、泌尿器疾患、眼の疾患、腫瘍疾患、歯・口腔疾患、呼吸器疾患、筋骨格系疾患など、さまざまな疾患が高齢になるほど増加傾向にあり、それらの原因に、食生活や日頃の刺激不足があると考えられています。

人間よりも先になくなってしまうワンちゃんたちではありますが、できるだけ長く一緒にいたいと思うのは、飼い主さんもワンちゃんも同じだと思います。

そんなワンちゃんの長生きのためにも、ダイエット、考えてみませんか?

[犬のダイエット①]散歩の距離・時間を増やす

人間同様に、ワンちゃんも痩せようと思ったら運動が大切です。
基本的にワンちゃんは、運動が大好き。

飼い主さんの負担は少し増えてしまいますが、ワンちゃんの健康が気になるようならば、お散歩する距離と時間を増やしてあげましょう。

人間のように負荷をかける運動よりも、長い時間お外に一緒にいてあげるとそれだけでワンちゃんにとっては良い運動になりますよ!

[犬のダイエット②]人間の食べ物をあげない

「うちの子が欲しがるから……」とつぶらな瞳に負けて、つい食べているものをあげていませんか?
人間の食べるものは良いニオイがするし、味も濃いのでワンちゃんからすれば"ごちそう"以外のなにものでもありません。

しかし、人間の食べ物はワンちゃんにとっては、高脂肪、高塩分でワンちゃんの身体にとって毒でしかありません!

毎日のように自分が食べているモノを分け与えているのなら、ワンちゃんが太った原因は、ずばり「アナタ」のせい!

罪の意識を感じるなら、今日から人間の食べ物はあげないようにしましょう。

[犬のダイエット③]おやつを変える

普段の食事に「+おやつ」という方は、少なくありません。
ドッグフードは低カロリーなモノを食べさせていても、おやつの方が高カロリーならば、全く意味はありません。

できればおやつの類は食べさせないのが1番良いのですが、人間のように、すぐにおやつをやめるとワンちゃんにとって非常に大きなストレスになります。

そのストレスを軽減させてあげるためにも、すぐにおやつをやめるのではなく、低カロリーなおやつに変えるようにしましょう。

[犬のダイエット④]ドッグフードを変える

ワンちゃんの健康のことを考えるなら、まずドッグフードを低カロリーなモノに変えるべきです。

しかし、低カロリーだからと言って、必ずしも健康とは限りません。
「カロリーOFF」という記載があったとしても、それは人工甘味料を使っているせいだったり、添加物を使っているせいかも知れません。

とりあえず、今食べているドッグフードよりも、低カロリー、高タンパクなドッグフードに変えるのが先決ですが、添加物、原材料、原産国まで、しっかりと注意するようにしてください!

ワンちゃんのダイエットにも『モグワンドッグフード』はオススメ!

いくら低カロリーなドッグフードであっても、添加物いっぱい、人工甘味料がいっぱいのドッグフードを食べさせていては意味がありません!

どうせならダイエットのためとは言え、美味しくって、健康に良い、低カロリーなドッグフードを食べさせてあげたいと思いませんか?

もしも、アナタが少しでもそう思うなら、ペット先進国イギリスで作られている『モグワンドッグフード』がオススメです!

低カロリー高タンパクな「チキン」「サーモン」が主原料のヒューマングレードな、添加物・穀物不使用なドッグフードは、
モグワンドッグフードぐらいしかありません。

ワンちゃんの健康のこと、ダイエットのことを真剣に考えているのなら、少なくとも今食べさせているドッグフードは、変えた方が良いのは事実でしょう……!