ワンちゃんの安全のことを考えるなら『モグワンドッグフード』を! 市販のドラッグフードとどう違う?

愛犬の40%近くがアレルギー持ち!?ワンちゃんのアレルギーを引き起こす3つの原因

ワンちゃんにもアレルギーがある!? 人間以上に注意が必要ってホント?

被害者の死因が「アレルギーによるアナフィラキシーショック」だった――という安っぽい海外ドラマみたいなことが、アナタが飼っているワンちゃんにも起こり得るかもしれないとしたら、どうしますか?

アレルギー物質を体内に取り込むことで、免疫システムが過剰に反応してしまうアナフィラキシーショックは、ワンちゃんにも起こり得る症状です。

「うちの子は元気だから~」と思って、放っていると取り返しのつかないことになる場合も!
少なくとも以下の症状が定期的に見られる場合は、ワンちゃんのアレルギーを疑った方が良いでしょう。

○ワンちゃんのアレルギーチェック


  • ふらふらすることがある
  • 蕁麻疹が出ることがある
  • 呼吸が荒くなったりすることがある
  • 目やくちびるなどが腫れることがある
  • 目やくちびる、顔を異常にかゆがる

それではワンちゃんのアレルギーを予防するためには、どうすれば良いのでしょうか?

[アレルギー予防①]ノミの駆除を定期的に行う

ワンちゃんのアレルギー反応として考えられる原因の1つが「ノミ」です。
お外にお散歩に行く際に、野良猫と接触したり、また猫ちゃんと一緒に住んでいたりする場合は、猫からノミが移されてしまうことがあります。

ノミがワンちゃんの身体の中で増えてしまうと「ノミアレルギー性皮膚炎」が引き起こされてしまう可能性が高いので、定期的にきちんとノミ・ダニの駆除を行うようにしてください。

[アレルギー予防②]家の中・ワンちゃんの寝床を清潔にする

人間と同じようにワンちゃんもハウスダストが原因で、アレルギー反応が出てしまい「アトピー性皮膚炎」を引き起こしてしまうことがあります。

お腹や足、顔などを痒がっている場合は、アナタのワンちゃんはアトピー性皮膚炎かも知れません!

人間のアトピー性皮膚炎同様に、まずは家の中を清潔にすることが重要です。
こまめに家の中、ワンちゃんの寝床を掃除し、アレルゲンの原因を除去しましょう。

[アレルギー予防③]ドッグフードを変える

ワンちゃんは、なんでも食べる――というイメージを持たれがちですが、だからと言って「何を食べても健康だ」というワケではありません。

ある研究結果では、ペットとして飼われているワンちゃんの約40%は食物アレルギーの可能性があるとされています。
だからアナタのワンちゃんも決して例外ではないのです。

ワンちゃん専用のアレルギーテストがあるので、お金はかかりますが、ワンちゃんの健康のためにアレルギーテストを行い、どんなアレルギーがあるのか把握し、それにあった食事を与えるのも1つのアレルギー予防法です。

また、人間同様、ドッグフードに入っている添加物等が原因でアレルギーが引き起こされたり、体内に蓄積された添加物の成分のせいで体質が変わり、アレルギーになりやすかったりする場合もあるので、添加物を使わないドッグフードを使う、というのも愛犬をアレルギーから守る1つの方法だと考えてください!

ワンちゃんのアレルギーに添加物フリーの食事を!免疫力向上効果も期待◎

ワンちゃんのアレルギーは、決して他人事ではありません。
特に市販されているドッグフードを食べさせている場合は、知らず知らずのうちにアナタのワンちゃんがアレルギーキャリアになってしまっているかも知れません。

そんなワンちゃんのアレルギーを予防・改善するために、添加物を一切使用しない、ワンちゃんのことを考えて作られた『モグワンドッグフード』に毎日の食事を変えてみませんか?

ペット先進国のイギリスで人間が食べられるレベルとして作られているモグワンドッグフードは、その力強い食材のおかげでワンちゃんの身体をアレルギーから守るだけでなく、強くします。

ワンちゃんの健康のことを考えて、とりあえず今食べているドッグフードを見直すことから、始めませんか?