ワンちゃんの安全のことを考えるなら『モグワンドッグフード』を! 市販のドラッグフードとどう違う?

【ドッグフードに含まれる添加物&危険性一覧】こんなドッグフードを食べさせて本当に安全?

市販されているドッグフードには、どんな添加物が含まれている?

市販されているドッグフードには、人間が食べられないようなドッグフードがたくさん含まれています。
過去には、どんな添加物が配合されているのかは表記を見てもわかりませんでしたが、「ペットフード表示法」が施行されたことによって、ドッグフードと言えど人間の食品同様に、添加物を表記されるようになりました。

そして、ドッグフードのパッケージの中に記載されている表記を見て、アナタは「えっ!?」と思ったことありませんか?

市販されているドッグフードには以下のような添加物が含まれています。

[酸化防止剤]

  • エトキシキン
  • ブチルヒドロキシアニソール(BHA)
  • ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)

[着色料]

  • エリスロシン(赤色3号)
  • アルラレッドAC(赤色40号)
  • ニューコクシン(赤色102号)
  • ローズベンガル(赤色105号)
  • インジゴカルミン(青色2号)

[甘味料]

  • ソルビトール
  • ビートパルプ
  • コーンシロップ
  • プロピレングリコール

[保存料]

  • 亜硝酸ナトリウム
  • ソルビン酸カリウム
  • 没食子酸プロピル

改めて見ると「うわぁ……」と思わず、首をかしげたくなるような量ですよね?
流石にすべての添加物が入ったドッグフードは、最近ではないでしょうが、それでも市販されているドッグフードには、これらの添加物が含まれているんです!

それでは、それぞれの添加物には、どのような"害"があるのか?
愛犬のためにも、飼い主であるアナタもドッグフードに含まれている添加物の害を知っておきましょう。

[酸化防止剤]エトキシキン

もともとはゴムの生産に用いるために使われていた酸化防止剤。
酸化防止作用が高く、非常に安価なためペッドフードには使われていますが、人間の食品で使うことは禁じられています。

○危険性


  • 発がん性
  • 腎臓・胃・膀胱・大腸にガンを形成する可能性 など……

[酸化防止剤]ブチルヒドロキシアニソール

別名「BHA」とも呼ばれる酸化防止剤の1種。
ガソリンの酸化防止のために作られた成分であり、現在では「油脂の製造に用いるパーム原料油およびパーム核原料油」に限り人間への使用が認められています。

○危険性


  • 発がん性
  • 歩行障害
  • 消化器官の出血
  • 肝臓のうっ血 など……

[酸化防止剤]ジブチルヒドロキシトルエン

別名「BHT」とも呼ばれる同じく酸化防止剤の1種。 こちらは石油の酸化防止剤として作られました。 現在人用では、魚介冷凍品やチューイングガム、油脂、バターなど、限定的な使用は許可されています。

○危険性


  • 発がん性
  • 膀胱・甲状腺がんを誘発する可能性など……

[着色料]エリスロシン

別名「赤色3号」と呼ばれる油系のタール色素。
福神漬け、かまぼこ、サクランボなどを着色する際にも、用いられている着色料です。

なお日本では使用を許可されていますが、ドイツやアメリカでは使用を禁止されています。

○危険性


  • 発がん性の疑い
  • 甲状腺腺腫を誘発する可能性 など……

[着色料]アルラレッドAC

別名「赤色40号」とも呼ばれる、エリスロシンと同じく食品に赤い色を着色する油系のタール色素。

1991年まで日本では使用禁止でしたが、海外からの圧力により現在は認可されています。

○危険性


  • アレルギーリスクの向上 など……

[着色料]ニューコクシン

別名「赤色102号」とも呼ばれる油系のタール色素。
幅広い食品に利用されており、ゼリーやジャム、福神漬けや梅干しなど、普段私たちが食べているものにも含まれています。

ヨーロッパでは使用を禁止されている着色料の1種です。

○危険性


  • 発がん性
  • アレルギーリスクの向上
  • 蕁麻疹 など……

[着色料]ローズベンガル

別名「赤色105号」とも呼ばれる油系のタール色素。
お菓子や漬物、麺類全般など、ニューコクシン以上に幅広い職員に使われています。

こちらもヨーロッパでは使用を禁止されている着色料の1種です。

○危険性


  • 発がん性
  • 成長不良
  • 肝臓・や腎臓への悪影響
  • 遺伝子異常 など……

[着色料]インジゴカルミン

別名「青色2号」とも呼ばれる油系のタール色素。
食品はもちろん、化粧員、入浴剤などにも使われている、着色料の中では人気の色素です。

発がん性があるとされEUで使用を禁止されています。

○危険性


  • 発がん性
  • アレルギーリスクの向上 など……

[甘味料]ソルビトール

ドッグフードだけでなく、人間が食べる幅広い食品に用いられている、甘味料の1つ、別名「ソルビット」とも呼ばれます。

化粧品として肌の保湿性を高めたり、医薬品としても使われていますが、大量に食べたら下痢をする程度であり、そこまで危険性はありません。

ただし、日本に輸入されている量の約6割が中国産なので、注意するに越したことはありません。

○危険性


  • 大量に摂取した場合、下痢を引き起こす

[甘味料]ビートパルプ

砂糖大根の繊維部分を利用した添加物です。
もともとが砂糖大根から作られているため、栄養価が高く、甘みもありますが、他の添加物に比べると安全性は高いと言えます。

ただし、肉食の犬に対して食物繊維を含むビートパルプが必要か……と言われればそうではなく、食物繊維が多すぎるが故に、下痢や便秘の原因になってしまうことがあります。

○危険性


  • 食物繊維によって下痢・便秘を引き起こす可能性

ただし、ビートバルプの大本である「砂糖大根」は、整腸作用がある「オリゴ糖」の原料です。
そのため"太めのワンちゃん"には、ビートバルプの効果は少なくない……ということを覚えておいてくださいね。

[甘味料]コーンシロップ

名称は何だか自然派な印象を受けますが、その実態はかなり危険です。
コーンシロップは別名「異性化液糖」と呼ばれ、コーラやスポーツドリンクなどに含まれている甘味料です。

トウモロコシを原料として作られているため、"天然甘味料"ではありますが、コーンシロップが体内に入ると「フルクトース」と呼ばれる成分にかわります。

そして、このフルクトースは体内に蓄積され、さまざまな病気を引き起こす原因になるだけでなく、脂肪に変わりやすく、糖尿病になりやすくする効果があります。

しかも、栄養素は一切含まれていません!
人間もそうですが、ワンちゃんにも出来ることなら、フルクトース配合の食品は与えないようにしてください。

○危険性


  • 発がん性
  • 脂肪に変わりやすく、肥満を誘発する
  • 糖尿病の主な原因になる
  • 乳がんの発症確率を上げる

[甘味料]プロピレングリコール

別名「PG」保湿作用・湿潤作用・静菌作用があり、うどんやそば、餃子の皮や燻製等に持ちもちいられています。
歯磨き粉、シャンプー、化粧品、育毛剤等にも使われているのですが、この成分、実は石油由来なんです。

石油由来の成分ということもあって、発がん性などがあり、赤血球の異常、腎障害、肝障害の危険性があるとされています。
実際に使用する量は、決して多くはないのですが、人間よりも添加物に弱いワンちゃんに対しては、強い毒になる可能性があります。

なお、着色料などの溶剤として使われている場合は原材料欄には記載されないので、知らず知らずのうちにワンちゃんに食べさせている可能性はゼロではありません。

○危険性


  • 発がん性
  • 染色体・脳・赤血球の異常
  • 腎・肝障害

[保存料]亜硝酸ナトリウム

食品の色をよくする発色剤としても使われる成分です。
主にワンちゃんが大好きなハム・ベーコン・ソーセージ・魚肉ソーセージなどに使われています。

毒性は非常に強く、大量に摂取すると(一般的には重量の0.005%~0.007%程度しか使用されない)嘔吐や動機などの急性症状が出る場合も。
また発がん性があるため慢性的に摂り続けると、がんの原因となってしまうことも考えられます。

○危険性


  • 発がん性
  • 嘔吐(急性症状)
  • 動機(急性症状)
  • 血圧降下(急性症状)
  • チアノーゼ(急性症状)

[保存料]ソルビン酸カリウム

雑菌やカビが繁殖するのを防ぐ成分であり、亜硝酸ナトリウムと同じくハム、ソーセージに含まれている他、かまぼこ、ちくわ、はんぺんなどの練り物や、ワイン、チーズ、あん類、果実ペースト、クリーム、大福などにも含まれています。

動物実験では、体重1kgあたり4.2g(通常1100ppmしか使用しない)のソルビン酸カリウムを投与したところ約半分がラットが死亡したという報告がなされており、人間よりも小さなワンちゃんに与えるのは止めたほうが良いでしょう。

また他の添加物と一緒に摂取することで、科学反応を起こし、強い発がん性物質を生成してしまうことがあるとされています。

○危険性


  • 発がん性
  • 染色体異常

[保存料]没食子酸プロピル

没食子酸(もっしょくしさん)プロピルは酸化防止剤として、油脂、バターの酸化を防ぐためにのみ使われています。

ドッグフードは食品ではないため規制の対象となっておらず、市販されているドッグフードの中には、没食子酸プロピルが含まれていることも。

ラットを用いた実験では、高用量で発ガン性や病変が確認されており、人間ではアレルギー反応を引き起こすことがあるとされています。

犬への毒性は認められていませんが、必ずしも安全とは言い切れません。

○危険性


  • 発がん性があるかもしれない

市販されているドッグフードを食べさせて、本当に安全でしょうか?

ご紹介した添加物は、メーカーによっては使用されていても、記載されていない場合もあり「国産だから安心」「外国産だから安心」とは言いづらい部分が多々あります。

本当にワンちゃんのことを考えるなら、使用している原材料、工場がわかり、添加物も穀物も一切使用していない「モグワンドッグフード」を使うことをオススメします!