ワンちゃんの安全のことを考えるなら『モグワンドッグフード』を! 市販のドラッグフードとどう違う?

[犬の寿命は14.2歳]1日でも寿命を伸ばすために出来る4つのこと

飼い犬の寿命は14.2歳……正直、もっと長生きして欲しくないですか?

「ペット長寿国プロジェクト」による犬と猫のオーナー1000名を対象にした「ペットの高齢化とケアに関する調査」によると、犬の平均寿命は14.2歳と決して長くないことが判明しました。

今、一緒に住んでいるワンちゃんは、少なくとも20年後には先立ってしまいます。
できれば長生きして欲しいものですが、「流石に14.2歳という平均寿命は短すぎる!」ときっとアナタは思ったはず。

そして、同時に「出来るなら健康で長生きして欲しい」とも思ったのではないのでしょうか?

[寿命を延ばす方法①]口内ケアをしっかりと!

人間とは異なり、ワンちゃんは自分で口の中を磨きません……というか「歯磨き」という概念がありません。

しかし口の中は、特にワンちゃんの口の中は細菌がいっぱい!

細菌が口の中で発生し、歯周病になってしまうと、口から細菌が血液によって全身に運ばれ、心臓や肝臓、腎臓などのさまざまな臓器に悪影響を及ぼします。

流石に毎日歯磨きをする必要はありませんが(1日1回が理想ではありますが)、歯垢が歯石になり歯周病にならないようにするために、1週間に2~3回は歯磨きをするなど、国内ケアをしてあげるようにしましょう。

[寿命を延ばす方法②]運動させてあげる

運動することで、ワンちゃんはストレスを発散し、元気になります。
そして、ストレスを上手に発散することはワンちゃんのさまざまな病気の予防につながります。

人間以上にストレスに弱いワンちゃんを、ストレスから守るのは飼い主さんしか出来ません。

ただ人間のように娯楽が多くないワンちゃんのストレスを解消するためには、運動したり、一緒にボール遊びをしてあげたりするぐらいしかありません。

また自宅の中だけでなく、草や土のニオイをかがせてあげることで、ワンちゃんの本能が刺激され、よりストレスを発散させやすくなるので、なるべくお外で運動をさせてあげるようにしましょう!

[寿命を延ばす方法③]人間の食べ物はあげない

普段から、自分が食べているものをワンちゃんにあげていませんか?
もし、ワンタンに自分のご飯をわけているようなら、今日からやめてください。

ワンちゃんにとって人間の食べ物は、美味しそうに見えます。
しかし、ワンちゃんにとって人間の食べ物は"毒"以外のなにものでもありません。

脂肪・高塩分・高血糖――人間の食べ物はワンちゃんにとって、さまざまな病気を引き起こす原因となります。
本当にワンちゃんのことを考えるなら、将来のことも考えて、人間の食べ物はあげないようにしてください。

[寿命を延ばす方法④]添加物を使わないドッグフードを食べさせる

ドッグフードに含まれているさまざまな添加物には、発がん性があるものが少なくありません。

添加物が入ったドッグフードを食べれば、すぐにがんになるということはありません。
しかし、半年、1年、5年と犬の寿命と照らし合わせて長い年月、添加物が入ったドッグフードを食べさせ続けていれば、身体に悪影響を与えないワケがない!

また近年、中国産の質の悪いドッグフードのせいで、アメリカで500匹以上のワンちゃんがなくなっています。
そういった"犬の食の安全"のことを考えると、出来るなら添加物を使わないドッグフードを食べさせるべきでしょう!

ワンちゃんの健康寿命を延ばすためにも、安心・安全のドッグフードを食べさせてあげよう!

ワンちゃんの健康寿命を伸ばしたいと思うなら、やはり食事が重要です。
辺に思われるかも知れませんが、ワンちゃんの身体は毎日食べているモノで出来ています。

そして、毎日食べているものが、骨となり、血となり、肉となり……もしも、その毎日食べているものが身体に悪いものだったら、それは健康な骨・血・肉になるのでしょうか?

本当にワンちゃんのことを考えているのなら、一緒にもっと長い時間いたいとおもうなら、原材料から安心することが出来るドッグフードを選ぶべきです。

ペット先進国イギリスのペットフード専用工場で作られた『モグワンドッグフード』は、人間の食品基準と名軸厳しい審査に合格したEU産の材料しか使用していません。

ドッグフードの原産国と生産国がわかり、低カロリーで高タンパク。
添加物・穀物一切不使用のドッグフードを食べさせて、ワンちゃんを1日でも長生きさせたいと思うなら、『モグワンドッグフード』にいつもの食事をかえてみませんか?