ワンちゃんの安全のことを考えるなら『モグワンドッグフード』を! 市販のドラッグフードとどう違う?

ドッグフードに含まれる添加物の”害” 添加物が少ないドッグフードの選び方

ドッグフードに含まれる添加物の”害” 本当にワンちゃんのことを考えて作られてるの?

ドラッグストアやペットショップなどで販売されているドッグフードのほとんどは、添加物が含まれています。

一部のドッグフードは、添加物を一切使っていないオールフリーなものもあるのですが、国産のモノであっても、ある程度添加物が配合されていると思って、まず間違いありません。

なぜ、ほとんどのドッグフードに"添加物"が入っているの?

そもそも、なぜワンちゃんが食べるドッグフードに添加物が含まれているかと言うと、ドッグフードはタンパク質で構成されているからです。

肉や魚が原材料の中に入っているドッグフードは、油脂類が多く、この油脂類は構造が不安定で酸化しやすいという特徴があります。
人間の食事でもそうですが、ドッグフードが空気に触れ、酸化してしまうとカロリー、栄養素が少なくなってしまうだけでなく、味も落ちてしまいます。

これらを防ぐために、ドッグフードには"酸化防止剤"が含まれているのです。

また人間の食品と違って、ドッグフードは冷蔵庫で保管することはないため、人間の食品よりも多く腐敗やカビを防ぐ「保存料」が含まれていますし、犬の食いつきを良くするために、人工的な「香料」も市販されているドッグフードには含まれています。

[一口メモ]本来犬には不要な"着色料"も含まれています!


市販されているドッグフードには、酸化防止剤、保存料、香料以外にも、本来犬には不要な"着色料"も含まれています。

そもそも犬の目は人間より悪く、一般的に犬の世界は「白黒」だと言われています。
それなのにも関わらず、わざわざドッグフードに着色料を使う意味はあるのでしょうか?

実は着色料を使うのは犬にとっては意味がありませんが、人間にとって意味があります。
ドッグフードに色が付いていることで「あ、これなら美味しそうだな」と飼い主さんに思わせるためだけに、ドッグフードには着色料が含まれているのです。

改めて考えると、市販されているドッグフードって、飼い主の都合ばかりで、本当に大切な<犬の健康>については、全然考えられていないんです……。

ドッグフードに含まれる添加物が引き起こすかもしれない"害"

  • 発ガン性(膀胱・甲状腺・腎臓・胃・膀胱・大腸がん)
  • 歩行障害
  • 呼吸困難
  • 遺伝毒性
  • 染色体異常
  • アレルギー
  • 発育不良
  • 肝臓障害
  • 肥満
  • 高血圧など

毎日、添加物がたっぷり入ったドッグフードを、長期間食べさせていると、以上のような害が生じてしまうことがあります。

人間もそうですが自然界にはない添加物を使っている食品を、長期間摂取していると、身体にさまざまな害をもたらしてしまいます!

市販されているドッグフードを食べたら、すぐに上記の表情が現れる、ということはありませんが、何年も市販されているドッグフードを食べて入れば、このような害が生じる可能性は「0」ではありません。

ちなみにアメリカでは中国産のドッグフードを食べたワンちゃんの健康被害例が5600件以上も報告されており、そのうちの1000件以上は死亡例だと言われています。

つまり、添加物だけでなく、食材の原材料の出処すらわからないドッグフードを食べさせ続けていると、我が家のワンちゃんの寿命を極端に減らしてしまうことになるかも知れないのです……!

添加物の入っていないドッグフードは、どこで見分ければ良い?

ついこの間まで、ドッグフードも含め、ペットフードにはペットフードの名称、賞味期限、原材料名、原産国名、事業者及び住所を記載する義務がありませんでした。

しかし「ペットフード安全法」が成立したことによって、2017年現在、すべてのペットフードは

  • 名称
  • 賞味期限
  • 原材料名
  • 原産国名
  • 事業者及び住所

の表記が義務化しており、ドッグフードの裏などにかかれている表記を確認すれば、どんな食材が使われているのか、どのような添加物が含まれているのかがわかるようになっています。

我が家のワンちゃんのために、なるべく添加物が少ないドッグフードを買ってあげたいと思うならば、必ずドッグフードのパッケージにかかれている表記を確認するようにしましょう!

少なくとも表記を飼い主さんが確認し、添加物が少ないドッグフードを選んであげることで、ワンちゃんの健康寿命を伸ばすことは可能です。

本当に安全なドッグフードをお求めなら『モグワンドッグフード』がオススメ!

「ペットフード表示法」によって、ドッグフードの中に、どんな成分が含まれているのか、飼い主さんが把握することが出来るようになりましたが、だからと言って必ずしも安全とは限りません。

たとえば加工した食品の原材料国が"中国"であっても、原産国が日本であれば「国産」と明記することが出来る仕組み――抜け穴が、この法律には隠されているからです。

添加物がなるべく少ないドッグフードを選んだとしても、原材料国までは、飼い主さんが調べることは非常に難しい!

だから、はじめから「原材料国」「原産国」がわかるドッグフードをワンちゃんに食べさせてあげれば良いのです。

ワンちゃんの健康が気になる飼い主さんにオススメなのが『モグワンドッグフード』です。

ペット先進国であるイギリスで厳しい品質管理のもと作られたモグワンドッグフードは、添加物不使用(オールフリー)で穀物不使用(グレインフリー)の、安心・安全のドッグフードなんです。

愛する我が家のワンちゃんに健康で長生きして欲しいなら、『モグワンドッグフード』をはじめてみませんか?