ワンちゃんの安全のことを考えるなら『モグワンドッグフード』を! 市販のドラッグフードとどう違う?

ご存知ですか?ドッグフードの世界は「食品偽装」が当たり前だということを

毎日、愛するワンちゃんに上げているドックフード、本当に安全な食品だと胸を張って言えますか?

日本で流通しているドッグフードは、原作国が中国だった場合でも、日本で加工された場合は「国産」と表示することが出来るような法律になっています。

一応日本の法律では「ペットフード安全法」によって賞味期限、原材料名、原産国名等の記載が義務付けられていますが、果たしてそれが守られているのかは、不明です。

国産メーカーであれば、ある程度ペットフードの食の安全性は守られていると考えても良いかも知れませんがワンちゃんは、人間ではないため、たとえドッグフードのせいで体長が悪くなったとしてもわかりません。

そして、ワンちゃんを飼う飼い主側も、毎回ドッグフードを味見して「今日の餌大丈夫かなぁ……」とチェックするワケには行きません。

つまり、何が入っているか、誰が作っているかがわからない飼い主さんが把握していないドッグフードを食べさせている時点で、アナタはワンちゃんの食の健康を100%守っているとは言えないのです。

当たり前ですが、ワンちゃんは鳴き声や態度で感情を表すことは出来ても、喋ることは出来ません。
だからこそ、飼い主さんは自分が自信を持って、ワンちゃんに食べさせることが出来るドッグフードを選ぶべきだと思いませんか?

まず知って! 市販されているドッグフードに含まれている危険物

ドラッグストアなどで購入することが出来る市販のドッグフードには、人間が食べられてないような、添加物・着色料・保存料がいくつも配合されています。

具体的には、どのような添加物・着色料が配合されているのか代表的なモノをご紹介すると……

  • ブチルヒドロキシアニソール……発ガン性、歩行障害、呼吸困難など
  • ジブチルヒドロキシトルエン……膀胱がん、甲状腺がんを誘発する可能性
  • エトキシキン……腎臓・胃・膀胱・大腸がんの原因となる可能性
  • タール系着色料……発がん性や遺伝毒性、染色体異常、アレルギーなど
  • 亜硝酸ナトリウム……発がん性
  • ソルビン酸カリウム……発育不良・肝臓障害など
  • フレーバー……発がん性、肥満、高血圧など

市販されているドッグフードに含まれる添加物等は、上記の通りです。
ちなみに、これらの添加物は一部人間には使えないモノもあります。

端的に言えば、市販されているドッグフードは人間では食べることが出来ないようなモノで構成されているのです。

さて、ココで質問です。
アナタは自分が毎日食べられないようなドッグフードをワンちゃんに食べさせていて、本当に安心ですか?

安心出来ないドッグフードを食べさせ続けていたら、アメリカのニュースでも合ったように、いつかアナタのワンちゃんもドッグフードが原因で、取り返しのつかない自体になってしまうかも知れません……。

○中国産ドッグフードで、ワンちゃんが1000匹以上死亡!?


米食品医薬品局が2014年5月が公表した情報によると、中国産原材料を使用したドッグフードが原因と見られる犬の健康被害事例が2007年~2014年までの間に、最低でも5600匹以上あるとされており、さらにその5600匹の中の1000匹以上が、中国産ドッグフードのせいで死亡したとされています。

また、死亡しなかった犬も胃腸疾患や腎不全による下痢や嘔吐の症状が確認されており、中国産ドッグフードのせいで大きく健康被害が出たワンちゃんは、少なくないことが伺えます。

しかも、この危険な中国産ドッグフード、一部では日本に流通しているのでは……と噂されています。
もちろん、日本産と謳っているドッグフードも「原材料も含めて、本当に日本産なの?」という疑問がついて周ります。

健康的なドッグフードでも、ワンちゃんが食べなければ意味がない!

それでは安心・安全できるドッグフードを選べば、それで良いのでしょうか?
もちろん、原材料がどこでつくられているのか不明なドッグフードを選ぶのは論外ですが、人間が見て健康的なドッグフードだったとしても、ワンちゃんの食いつきが悪ければ、本末転倒です。

人間もそうですが、いくら健康的な食事だったとしても、「味」が良くなければ、ワンちゃんも健康的なドッグフードは食べてくれません。

ワンちゃんは飼い主さんが出した餌ならなんでも食べる……というように思われがちですが、実際にはワンちゃんごとに個体差があり、いくら健康的なドッグフードであっても、ワンちゃんが「美味しくない」と思えば、やっぱり食べてはくれません。

市販されているドッグフードは、少なくとも日本の工場で作られているものであるならば、すぐに健康被害が出るということはありません。

しかし、餌を食べなければワンちゃんも人間と同じく、体調を壊してしまいます。

ココが難しいところで、健康的なドッグフードでもワンちゃんの口に合わなければ、ワンちゃんの体調を崩してしまうし、逆にワンちゃんの食いつきが良いドッグフードでも、長く食べると健康被害が出る可能性があるのです。

それでは、どんなドッグフードを選べば良いのか?

1番良いのは、「人間でも安心して食べられる」「ワンちゃんの食いつきが良い」、この2つの条件を満たすドッグフードを毎日食べさせることです。

この2つの条件を満たす、ドッグフードは市販されているドッグフードの中には、なかなかありません。
かと言って、飼い主さんが毎日のように、ワンちゃんのためにドッグフードを作るとなると、今度は栄養が偏ってしまう可能性があります。

しかし、ご安心ください。
ペット先進国<イギリス>が作ったドッグフード『モグワンドッグフード』なら、我が家のワンちゃんのために、毎日安心・安全で、しかも美味しいドッグフードを食べさせてあげることが出来ます!

『モグワンドッグフード』は「安心・安全」と「食いつき」を両立した理想的なドッグフードです!

モグワンドッグフードは、高級ドッグフードを販売している「カナガン」がイギリスのドッグフード生産工場の専門家たちと、何度も研究しあい、原材料からこだわって作られた商品です。

○モグワンドッグフードの4つのこだわり


  1. イギリスのペットフード専門工場で作られている
  2. 原材料はすべて人間が食べられる
  3. 動物性タンパク質50%以上
  4. 脂肪分控えめで低カロリー

1.ペット先進国のイギリスの"ペットフード専門工場"で作られています!

モグワンドッグフードは、日本ではなく、ペット先進国のイギリスの中でも、高く評価されているペットフード専門工場で作られています。

ペットフード以外も作っている工場ではなく、ペットフード専門工場で作られている商品のため、使われている食材は、人間が食べられない「クズ肉」や「賞味期限切れの野菜」を流用したものではありません。

しかも、イギリスらしく品質管理は非常に厳しく、以下のように厳しく管理されています。

  • 製造ラインは常に専門の品質管理官がモニタリング
  • 原材料は、工場に届けられた時点で品質テストを行い、テストをPASしたモノのみを使用
  • パッキング前に専用機器でスペクトラム分析にかけられ、チェックされる
  • ドッグフードの袋には製造番号、生産日、原材料のロットがわかるようになっている

日本のドッグフード専門工場では、残念ながらココまで厳しく品質管理は行っておりません。

さらにモグワンドッグフードを作っている専門工場は、国際規格SAI GLOBALのランクAを取得し、州議会と英国小売協会にも認められた安心の専門工場なんです!

2.原材料はすべて人間が食べられる愛情満点のドッグフード

専門工場で作られるモグワンドッグフードに使用されている原材料は、すべて人間が食べられるモノを使用しています。

目指したのは、飼い主さんが作る愛情満点の手作りドックフード

その結果、使用される原材料はすべて人間が食べられるレベルのもの使うことになりました。
さらにドライタイプのドッグフードに飼い主さんが、自らワンちゃんにあった野菜などをトッピングすることで、大型犬はもちろん、小型犬やシニア犬の身体作りを、より強烈にサポートすることが可能です。

○モグワンフードは、どんなタイプのワンちゃんにもオススメ♪


市販されているドッグフードは、ワンちゃんのタイプごとに買い換えなければいけません。

しかし、モグワンドッグフードは人間が食べられるレベルの、良質なタンパク質が豊富に含まれているため、大型犬はもちろん、小型犬やシニア犬、まだ小さな赤ちゃん犬の体づくりにも最適です!

しかもモグワンドッグフードは小粒サイズだから、口が小さい小型犬やシニア犬、赤ちゃん犬も食べやすいんですよ♪

3.動物性タンパク質50%以上で、ワンちゃんが消化しやすい!身体に良い!

モグワンドッグフードはワンちゃんが消化しやすい以下の食材で出来ています。

  • スコットランド産サーモン……健康を維持するDHAを豊富に含む
  • イギリス産チキン……低脂肪、高タンパクで身体づくりをサポート
  • ココナッツオイル……リフレッシュ作用、素早くエネルギーに変わる、
  • りんご……老化予防、疲れにくさ
  • かぼちゃ……毛並みの向上、腸内環境正常化
  • 海藻……豊富なミネラル、オメガ脂肪酸によるダイエット効果

このようにモグワンドッグフードには、ワンちゃんの健康的な生活に必要な栄養素をたくさん含んでいます。
特にモグワンドッグフードの半分以上はタンパク質で構成されている、穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードです。

そもそも肉食だったワンちゃんは人間と異なり、穀物は消化しづらいのですが、モグワンドッグフードは肉と野菜だけで構成されているため、他のドッグフードよりも消化しやすくワンちゃんにとって優しいんです。

4.脂肪分控えめで低カロリー! 高齢のワンちゃんも安心して食べられます

年々、長生き傾向が高まっているペットのワンちゃんたち。
最近では人間だけでなく、ワンちゃんたちも「メタボ」が問題になりつつあります。

人間同様に、高カロリーなドッグフードを食べて、運動しなければ、ワンちゃんもメタボになってしまい、高血圧や糖尿病など、生活習慣病を引き起こしてしまい、寿命を縮めることになってしまいます!

そんなワンちゃんのダイエットのためにも、モグワンドッグフードは最適なんです。

そもそも鶏肉やサーモンという高タンパク、低カロリーの食材で作られているモグワンドッグフードの脂質は低く、カロリーも低い。
つまり、体重が気になるワンちゃんを健康的に痩せさせたいのなら、カロリーが低いモグワンドッグフードが1番なのです!

『モグワンドッグフード』の食いつきは、大丈夫?

モグワンドッグフードの食の安全については、お分かりして頂けたかと思います。
それでは次に重要なドッグフードの「食いつき」は、どうなのでしょうか?

モグワンは、人工添加物を一切使っていないし、香料も一切使っていません。
しかし、独自の製法によってワンちゃんの食いつきが良くなるよう、工夫がなされています。

実際に、モグワンドッグフードを手にとって嗅いで頂ければ1番わかりやすいのですが、モグワンドッグフードは、まるで「香料を使っているのではないか?」と思うほど、美味しそうなニオイがします。

これは専門工場で独自の製法で作られているからであり、新鮮な食材を使って作られているからでもあります。

実際に、モグワンドッグフードを試食してもらった際には、97.8%のワンちゃんが食べたという実績があり、多くの飼い主さんが「今までのドッグフードとはぜんぜん違う!」と驚きの声をあげていらっしゃいました。

アナタは市販のドッグフードと『モグワンドッグフード』 アナタはどっちを選びますか?

  市販のドッグフード オーガニックドッグフード モグワンドッグフード
原材料 不明(ほぼ中国産) 一部不明 イギリス・北欧
安全性 ?
人口調味料 含む 一部含む 含まない
添加物 含む 一部含む 含まない
着色料 含む 一部含む 含まない
保存料 含む 一部含む 自然由来のビタミンE
香料 含む 一部含む 含まない
カロリー 高い 低い 低い
消化しやすさ ?
食いつき
アレンジのしやすさ
犬種 選ぶ 一部選ぶ 選ばない

このように市販のドッグフードや、オーガニック系のドッグフードと比べても、モグワンドッグフードは安全性が非常に高く、ワンちゃんの食いつきも良い。

ワンちゃんの健康のこと、食べやすさのことを考えると、似たようなオーガニック系のドッグフードよりも、『モグワンドッグフード』の方が断然良いということがお分かり頂けたのではないのでしょうか?

私たち、人間よりも寿命が短く、身体の不調を喋って伝えることが出来ないワンちゃんを、ただ長生きさせるのではなく、いつまでも元気で走り回って欲しいと思うなら、ワンちゃんの健康寿命を伸ばす『モグワンドッグフード』がオススメです!

ドラッグストアやスーパーで販売されていない、獣医師も推奨する『モグワンドッグフード』をワンちゃんに食べさせて、長生きして欲しいと思いませんか?